会社でワークフローシステムを使おう【メリットを解説】

精算も簡単にするシステム

男の人

ネットで決済をする時代

会社の業務はペーパーレスで行える部分は極力ネットで行うことがベターです。営業の多い社員の方などは紙での精算も毎回大変です。従ってワークフローシステムを導入し、パソコンがあれば出張先からでも申請できる形が望ましいのです。ワークフローシステムの導入のメリットはたくさんあります。出張の多い営業社員を例にとりますと、同じ場所に何度も出張に行く場合、交通手段が同じならばワークフローシステムならば前回のものをコピー貼り付けして申請するようなことも出来ますから非常に楽です。また、1週間ずっと出張だったような場合でも、日々利用した交通費をワークフローシステムを通じて入力しておけば、出社した際に上司などに申請ボタンを押すだけで申請が完了します。また、社内稟議を決裁する場合にもワークフローシステムがあれば業務は劇的に複雑さが改善されます。紙での稟議決裁の場合、担当者が稟議決裁者である部長や取締役、社長などに承認印をもらいに行かなければなりません。ただし、役員や社長などはただでさえ忙しいので、早く承認が欲しいのに出張や会議で不在ということも多いです。こうなってしまうと承認待ちで業務も滞てしまうのですが、ワークフローシステムで稟議決裁にしておくと、例えば出張中の電車の中やホテルに帰った後にその稟議の中身を役員が確認してその場で承認ということが可能になるのです。これはほんの一例で、他にもワークフローシステム導入のメリットはたくさんあります。

Copyright© 2018 会社でワークフローシステムを使おう【メリットを解説】 All Rights Reserved.